あけまして おめでとう ございます

2020/12/21

コロナですっかり変わってしまった状況でしたが、次の一歩へムジークハウスの生徒たちは頑張っています。昨年12月6日に開かれたギャラクシティイコンクール入賞者コンサートでは小1田仲梨紗さんがオーケストラと協演、クレメンティのソナチネを快演しました。
また11月に参加したヨーロッパ国際ピアノコンクールin japanの本選に参加した、小3柿井田司冴君はプレイエルのメヌエットと難曲ラフマニノフの熊蜂の飛行を演奏して合格、今年三月の全国大会に出場します。
来年1月23日土曜日午後2時半から、今年開けなかった第38回ピアノ発表会を竹ノ塚ホールでひらきます。もちろん種々のコロナ対策も用意しています。今回はコロナ下という環境を踏まえて、駅ピアノコーナーというプログラムを最後に展開します。ピアノはステージの端に寄せて、正面スクリーンに竹ノ塚駅や飯能駅、池袋駅に設置されたシュミレーション映像を大写しにしてその中で卒業生たちに自由に演奏してもらいます。駅ピアノなので観客の皆さんは、自由に席を立ったり、入場したり、またドアは開かれていて、外部の音も混じる環境での試みです。名演奏で、皆さんを立ち止まらせるように頑張って演奏します。出演者は日下部満三、福島碧菜、下田弘子、小室朋子、川端優也。他です。
当日の模様はyoutubeライブ配信の予定です。配信チャンネルは
mistuzou kusakabe でご覧になれます。